パトロン募集で知り合った男性は年下でしたけど、本当にしっかりした人だったので、安心感を持つことができた人でした。
面接と言っても食事に出かけたり、BARでお酒を飲みに行ったりと、大変リラックスすることができたのでした。
何回かこのような形で会って話をしていたのですが、4回目の面接兼デートの時、彼の方からパトロンになりたいという話をしてくれました。
正直この何回かの面接兼デートで彼だったら大丈夫だろうという気持ちもありましたし、関係も作りたいと思っていましたからすぐに返事をしてしまいました。
その日初めてホテルで関係を持つことになったのですが、セックスは久しぶりだったから燃え上がるものを感じてしまったのです。
夫と暮らしていた頃から、セックスがありませんでしたから肉棒を見るのも久しぶりでした。
とっても大きく硬く元気に勃起しているオチンチンを、口でそして膣で味わい尽くしていく事になったのでした。
彼も私の事が気に入ってくれていたのか、長時間に渡って体を責め続けてくれました。
前の夫とは比べ物にならないくらいセックスが上手でしたから、理性を失って快楽だけを追求してしまいました。
このセックスを境にして、彼との生活が始まったのです。
パトロンがいる生活と言うのは、本当に素晴らしいと感じています。
パートは今でもやっているのですが、シフトはかなり少なくしてしまいました。
その分自分に使うことができる時間を増やせて、趣味を楽しむことも出来るようになりました。
エステに通うことも出来るし、友達と遊ぶ機会を増やすこともできました。
彼とはデートやセックスを好きに何度も重ねて楽しんでいます。
最近ではすっかり性欲の方も満足することができるようになってきているんです。

こういう関係ってもっと淡泊なのかなって思っていたんですけど、結構ラブラブな気分を味わうことができていて、1人の女性に戻ることができたと思います。
出会い系サイトを利用した出会いで、素晴らしい人と知り合うことができてしまいました。

 

パトロン募集の定番サイト女性は完全無料
パトロン募集サイトランキング
希望の条件を掲示板で検索